鶴見 曹洞宗大本山 總持寺 紫雲臺内の板戸の修復工事をさせて頂きました。

紫雲臺とは、總持寺の住持・禅師の表方丈の間の事で、宗門の僧侶、全国の檀信徒と相見する代書院の建物の名前です。

建具仕口の敷桟部分が、取り外しできる仕様になっており大変勉強になる仕口でした。
(敷桟を同じ仕口で修復させて頂きました)

昔の職人さんはやはり素晴らしいと再認識できる建具修復でした。携わらさせて頂きありがとうございました。

框材料 吉野檜(奈良 ゴトウ木材様)
板材料 吉野杉(奈良 ゴトウ木材様)

現場完了

 

仮組

敷桟 仕口

新規 敷桟 材料は桜材です